KEA Kaisei English Achademiy

  • TOP
  • お役立ち情報

フィリピン・セブ島への留学にあたって
知っておくと便利な情報をまとめました。

フィリピンの基本情報

Overview

正式国名
フィリピン共和国(Republic of The Philippines)
フライトについて

日本から約3時間50分〜4時間40分程度です。

成田国際空港から

  • フィリピンエアライン
  • セブパシフィック
  • バニラエアの直行便

関西国際空港から

  • フィリピンエアラインの直行便

中部国際空港から

  • フィリピンエアラインの直行便 などのルートがあります。
時差について
マイナス1時間
※例:日本が午前9:00→フィリピン午前8:00
公用語
英語、フィリピノ語。
新聞、テレビ、看板等のメディアから公的文書まで、幅広く英語が使用されています。
通貨について
通貨はフィリピンペソが使用されています。
日本では両替レートがあまり良くないため、フィリピン入国後の両替をおすすめします。
宗教
カトリック83%、その他のキリスト教10%、イスラム教5%、他2%
※過去にアメリカ領だったこともあり、国民のほとんどが熱心なキリスト教徒です。
非常に熱心な信仰者が多いため、フィリピンでは安易に宗教の話題を出すことは避けなければなりません。

生活について

Life

治安
フィリピンの中でも、セブ島は観光地であるため、比較的治安は安定していると言えます。
ただし、当然ながら人通りの少ない道や薄暗い道などは、なるべく避けるようにしてください。
衛生面
フィリピンは日本と違い、衛生環境が良くありません。特に生水やローカルフードを食べてお腹を壊す方・体調を崩す方が多いのでご注意ください。
服装
フィリピンは基本的に年間を通して暖かく、平均気温は26℃〜27℃ですので、日本の夏の服装が良いかと思われます。
バスや室内はエアコンがよく効いているため、カーディガンなど軽く羽織れる上着が必須です。
日差しは日本と比べてかなり強いため、サングラスや帽子もあると良いでしょう。
着飾ってしまうとスリなどの標的になりやすくなります。
基本的にはカジュアルな服が無難でしょう。
電化製品について
コンセントの形状は日本とフィリピンは同じですが、電圧が日本と違いますので、日本から持って行くものは変圧器のついた製品以外は利用できません。
仕様は製品ごとに異なりますので、ご自身でご確認お願いします。スマホ・パソコンの充電はそのまま使えます。
アクティビティ
土・日曜日を利用してセブ島ならではのアクティビティを楽しむことができます。
例:アイランドツアー、ホッピングツアー、マリンスポーツ

荷物について

Baggage

パスポート
滞在日数+6ヶ月以上の残存期間が必要です。
パスポートのコピー
パスポート紛失時に必要です。スキャンしたものをスマートフォンやパソコンに保存しておかれると便利です。
航空券
出国チケットが必ず必要です。マニラ経由でセブに来られる場合、なるべく同じ航空会社を利用してください。乗り換えの際、時間がかかる場合があります。乗り継ぎ時間に余裕をもって購入してください。
海外旅行保険証書
医療費は高額です。また盗難や損害賠償など様々なリスクに対して補償があるので、必ず加入してください。
現金
お小遣い、現地でお支払いいただく諸費用をご準備ください。
国際キャッシュカード(長期滞在の方)
三菱UFJ-JCB/VISAデビットカードであれば、学校近くのATMから現金を引き出すことができます。
http://www.bk.mufg.jp/tsukau/debit/index.html
※日本国内のキャッシュカードはご利用できません。
常備薬ー式
海外生活で体調を崩す方も少なくありません。事前の準備をお願いします。
着替え
学内にランドリーもございますが、下着、Tシャツは多めにご持参ください。
スニーカー
道路や歩道は舗装されていないところも多いため、運動靴を履くことをおすすめします。
長袖の衣類
飛行機や施設の中ではエアコンがよく効いています。
虫よけ
屋外には蚊や虫が多くいます。
電子辞書
英語を勉強するのに必須です。電子辞書をお持ちでない場合は、紙の辞書をご用意ください。
筆記用具
入出国カードなどの記入でも必要ですので、手荷物でお持ちください。
日焼け止め
日中はかなり日差しが強いため、肌の弱い方は必須です。
ウェットティッシュ
外食する場合、飲食店でのおしぼりは殆どありません。
シャンプーなどのアメニティ
現地でも購入できますが、日本の製品は高価で取り扱いも少ないです。
帽子
日中は日差しが強いです。熱中症対策に持参しましょう。
バック
教室間の移動などがありますので、テキストなどを入れるものがあると便利です。
参考書
授業・テキストは全て英語です。細かい解説を日本語で知りたいときに参考書があると便利です。
ビーチサンダルまたはスリッパ
部屋にスリッパの準備はございませんので、あると便利です。
水着
海に行かれる場合は、ご用意をお願い致します。

Contactお問い合わせ

KEAに関してのご不明な点やご質問があれば、
お気軽にお問い合わせください!